プロフィール

神博則 (じんひろのり) ≪社会保険労務士・行政書士≫
神博則社会保険労務士・行政書士事務所ホームページ

4年生大学卒業後、流通関連企業(スーパー)に就職し、店舗での販売業務に従事。
約1年半の勤務後、社会保険労務士の資格取得を目指し退職。

社会保険労務士の資格取得に向け10ヶ月間通学し勉強に励み、合格。
同年、行政書士試験にも合格。

社会保険労務士試験合格後、アルバイトとして4ヶ月間、社会保険労務士事務所にて給与計算、社会保険・労働保険手続き業務を経験した後に、監査法人業務、税理士業務、経営コンサルティング業務を一手に行う会社に就職。

自社の人事・総務業務およびクライアント先(約10社-従業員数5~500名程度)の給与計算、社会保険・労働保険手続き、就業規則作成、人事制度構築業務に従事。

業務を遂行するに従い、コンサルタント側の考え方とクライアント側の考え方の違いを痛感し、事業系会社の人事業務を経験することが人事コンサルタントとしての成長に繋がると考え、事業系会社への転職を決意。

人材紹介会社を活用し、不動産関連企業の人事担当として転職。

入社当時、社員数350人程の未上場企業であったが、入社2年後には社員数が600人を超し、東証一部上場企業となる。入社3年後、人事課長を拝命し、人事制度の構築、給与計算、社会保険・労働保険手続き業務に従事。

その後、サブプライムローン、リーマンショックの直撃で会社が経営不振になり、人員削減への対応に追われることとなる。

人員削減の対応が落ち着いた後、同社を退職し、社会保険労務士・行政書士事務所を開業し独立。