目標管理制度


「目標管理制度」とは、ある一定期間ごとに達成すべき目標を設定して
事業や組織の運営を行う経営手法です。
企業を経営するために社員に方向性を示すために使用されます。
また、「目標管理制度」を「人事評価制度」として使用している会社も多くあります。

もともとの「目標管理制度」は、財務指標をそれぞれの職位ごとにブレークダウンし、
何をすべき職務か、何を成果として生み出してほしいのかといったことを
管理する制度でしたが、現在活用されている「目標管理制度」は、
組織運営や人材育成などの課題についても
目標として設定されている場合が多くなっています。

「目標管理制度」を「人事評価制度」として導入する際のポイントは、
上長と本人のコミュニケーションであり、
上長が目標について部下に説明し
議論する意志と能力を有していないと機能しなくなります。