職務等級制度


「職務等級制度」とは、職務の価値に応じて等級付けを行い、
その等級に基づいて処遇する仕組みをいいます。

「職能資格制度」と比較し総額人件費のコントロールがし易く、
要員計画の適正な運用をしている場合は、
適正な「労働分配率」を維持することが可能となります。