職能資格制度


「職能資格制度」とは、職務を遂行するために
必要な能力のレベルに応じて社員を格付けし、
その等級に基づいて処遇を決定する仕組みを指し、
「成果主義」以前の考え方の主流となっていました。

現在は、「職務等級制度」「役割等級制度」へと変更している企業が増えています。
一般的に「職能資格制度」は
「職能等級」「職能区分」「資格対応呼称」「対外呼称」「資格対応職位」
「職能定義」「能力要件」などが要素となっています。