みなし労働時間制


「みなし労働時間制(事業場外労働)」とは、労働者が労働の全部または一部を事業場外で従事し、労働時間を算定しがたい場合に「みなし労働時間」として、就業規則等あるいは労使協定においてあらかじめ決定した労働時間を労働したものとみなす制度です。

また、労働したものとみなす労働時間については、以下のいずれかの方法で決定します。

①就業規則等に規定されている「所定労働時間」労働したものとみなす。
②業務を遂行するために通常必要とされる時間労働したものとみなす。(当該労働時間が「所定労働時間」を超える場合は、労使協定を締結して通常必要であるとして定めた労働時間または当該業務の遂行に通常必要であるとして定めた労働時間となります。)

【「みなし労働時間制(事業場外労働)」の導入要件】
①労働時間の全部または一部を事業場外で業務に従事していること。
②事業場外での業務に対して使用者の具体的な指揮監督が及ばないため、労働時間を算定することが困難であること。

※導入注意点
①事業場外で業務に従事する場合でも、労働時間を管理するものが同行している場合は対象外となります。
②事業場外で労働に従事しているものが携帯電話等により使用者の指示を受けながら業務に従事している場合は対象外となります。