法定休日と法定外休日


「法定休日」は、労働基準法35条の規定により、
使用者は「毎週少なくとも1回」社員に休日を与えなければならないとされています。

また、就業規則等にて「4週間を通じ4日以上」でも可となります。
この場合は、該当する特定された4週間の起算日を明確にしておかなければなりません。

「法定外休日」は、「法定休日」以外に各企業が社員に付与する休日で、
週休2日制の場合、「法定休日」を超える部分が該当します。