1ヶ月単位の変形労働時間制


「1ヶ月単位の変形労働時間制」とは、
1ヶ月以内の一定期間を定め、所定労働時間を増減して、
その平均して1週間当たりの労働時間が週の法定労働時間以内にする制度です。

【「1ヶ月単位の変形労働時間制」の導入要件】
◆下記事項を就業規則等に定める
①対象となる労働者の範囲
②変形する期間とその起算日
③変形期間の各日・各週の所定労働時間の特定(変形時間を平均して1週間当たりの労働時間が法定労働時間を超えない範囲)
④各日の始業・終業時刻、休憩時間、休日等

◆労使協定を締結・届出
使用者と労働者間にて「労使協定」を締結し、所轄労働基準監督署に届け出る必要があります。