寡婦(夫)について


<寡婦>
所得者本人が次のいずれかに該当する方が対象となります。

①夫と死別した後、婚姻していない方で、扶養親族又は生計を一にする子のある方
②夫と離婚した後、婚姻していない方で、扶養親族又は生計を一にする子のある方
③夫の生死の明らかでない方で、扶養親族又は生計を一にする子のある方
④夫と死別した後、婚姻していない方で、合計所得金額が500万円以下の方
⑤夫の生死の明らかでない方で、合計所得金額が500万円以下の方
※給与所得のみの場合は、当年中の給与の収入金額が6,888,889円以下であれば、合計所得金額が500万円以下となります。

<特別の寡婦>
「寡婦」のうち、扶養親族である子を有し、かつ、合計所得金額が500万円以下の方が対象となります。

<寡夫>
所得者本人が次のいずれかに該当する方で、生計を一にする子があり、かつ、合計所得金額が500万円以下の方が対象になります。

①妻と死別した後、婚姻していない方
②妻と離婚した後、婚姻していない方
③妻の生死の明らかでない方。

タグ : , ,