年末調整の対象となる人


①1年を通じて勤務している人

②年の中途で就職し、年末まで勤務している人

③年の中途で退職した人のうち次に該当する人
(イ)死亡により退職した人
(ロ)著しい心身の障害のため退職した人で、退職の時期からみて、本年中に再就職ができないと見込まれる人
(ハ)12月中に支給期の到来する給与の支払を受けた後に退職した人
(ニ)いわゆるパートタイマーとして働いている人などが退職した場合で、本年中に支払を受ける給与の総額が103万円以下である人(退職後本年中に他の勤務先等から給与の支払を受けると見込まれる場合を除く。)

④年の中途で海外の支店へ転勤したことなどの理由により、非居住者となった人(非居住者とは、国内に住所も1年以上の居所も有しない人)