社員の死亡

社員が死亡したときに必要な手続き(書類)

◆業務上・通勤災害以外の場合
<健康保険・厚生年金保険>
≪手続き書類≫健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届
添付書類 健康保険証
手続き内容 社員が死亡した場合に必要な手続きになります。
手続き期限 退職日の翌日から5日以内
提出先 事業所を管轄する社会保険事務所または健康保険組合

≪手続き書類≫健康保険被保険者埋葬料(費)支給申請書
添付書類 死亡診断書、死体検案書等
手続き内容 社員が死亡した場合に必要な手続きになります。
手続き期限 埋葬料(死亡した社員に生計を維持されていた者がいる場合)
-時効は死亡した日の翌日から2年
埋葬費(死亡した社員に生計を維持されていた者がいない場合)
-時効は埋葬した日から2年
提出先 死亡当時勤務していた会社を管轄する社会保険事務所または健康保険組合


<雇用保険>
≪手続き書類≫雇用保険被保険者資格喪失届
添付書類 6ヶ月以上の賃金台帳・出勤簿、退職願・退職届等離職理由のわかる資料
手続き内容 社員が死亡した場合に必要な手続きになります。
手続き期限 死亡日の翌日から10日以内
提出先 事業所を管轄するハローワーク


◆業務上・通勤災害の場合
<労災保険>
≪手続き書類≫葬祭料請求書(様式第16号)
添付書類 死亡診断書、死体検案書等、死亡者および請求者の住民票等(別途追加で必要となる場合あり)、(ただし、遺族補償給付の請求が終了している場合は省略可)
手続き内容 業務上の災害によって社員が死亡した場合に必要となります。
手続き期限 時効は、死亡した日の翌日から起算して2年
提出先 死亡当時勤務していた会社の所轄労働基準監督署

≪手続き書類≫葬祭給付請求書(様式第16号の10)
添付書類 死亡診断書、死体検案書等、死亡者および請求者の住民票等(別途追加で必要となる場合あり)、(ただし、遺族補償給付の請求が終了している場合は省略可)
手続き内容 業務上の災害によって社員が死亡した場合に必要となります。
手続き期限 時効は、死亡した日の翌日から起算して2年
提出先 死亡当時勤務していた会社の所轄労働基準監督署

社員が死亡したときに必要な手続き(概要)

社員が死亡した場合は、以下のような手続きが必要となります。

【社内手続き】
社内人事管理上の訃報作成

【社会保険・雇用保険の手続き】
◆業務上・通勤災害以外の場合
≪健康保険・厚生年金保険≫
健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届
健康保険被保険者埋葬料(費)支給申請書

≪雇用保険≫
雇用保険被保険者資格喪失届

◆◆業務上・通勤災害の場合
≪雇用保険≫
葬祭料請求書(様式第16号)・・・業務災害時に使用
葬祭給付請求書(様式第16号の10)・・・通勤災害時に使用