帰化申請

帰化申請について

帰化とは日本に住んでいる外国人が日本の国籍を得ることをいいます。
原則として国籍は1つしか持つことができないため、
日本国籍を取得する場合は、従前の国籍を失うこととなります。

帰化申請の手続き自体は本人しか行うことができません。
しかし、書類の準備・作成を本人のみでやる場合は、手続きの不備が多くなってしまい、
手間と時間が多くかかってしまうことが多いようです。
適切な手続きを行うためには、専門家に依頼することをおすすめします。

<帰化するための要件>
引き続き5年以上日本に住所を有すること
20歳以上であること
素行が善良であること
生計を営むことができること
帰化によって元の国籍を失うことができること
日本を破壊するような思想を持っていないこと
日本語の読み書きができること

<帰化申請に必要な書類>
帰化許可申請書(申請者の写真付)
親族の概要書
履歴書
帰化の動機書
国籍を証する書面
外国人登録原票記載事項証明書
宣誓書
生計の概要書
事業の概要書
在勤及び給与証明書
納税証明書

<帰化申請のフロー>
事前相談(住所地を管轄する法務局の国籍・戸籍課に相談)
②専門家に依頼する場合は、専門家に相談
③提出する必要書類の収集・帰化申請書類の作成
④法務局に帰化申請を行う
⑤法務局担当官との面接(帰化申請から2~3ヶ月後に日程の連絡)
⑥追加書類の提出
⑦許可の官報告示
⑧法務局から本人へ通知(帰化申請日から6~12ヶ月程度)
⑨帰化の申請手続き終了