風俗営業の許認可申請

業としてお客に接待・飲食等を行う営業を「風俗営業」といいます。
このような営業を行う場合は、公安委員会の許可が必要となります。
「風俗営業」の営業時間は、午前0時(一部、午前1時)までとなっています。

<風俗営業許可対象業種一覧>
≪接待飲食等営業≫
キャバレー等、ホステスが接待をしてダンスもできる飲食店(66㎡以上の客室が必要) 1号営業
バー・パブ、クラブ、料理店等、ホステスが接待をする社交飲食店 2号営業

≪接待不可飲食等営業≫
ナイトクラブ等、ダンスができる飲食店(66㎡以上の客室が必要) 3号営業
ダンスホール等(66㎡以上の客室が必要) 4号営業
喫茶店・バー等の低照度飲食店で10ルクス以下の明るさで営業する飲食店 5号営業
喫茶店・バー等の区画席飲食店で壁等で区画した5㎡以下の複数の客席のある飲食店 6号営業
パチンコ店、パチスロ店、麻雀店等の営業 7号営業
ゲームセンター・ゲーム喫茶、カジノバー等の営業 8号営業

<風俗営業の不可能地域>
都市計画法(第8条第1項第1号)に規定されている地域では、原則として風俗営業の許可をとることができません。

≪都市計画法(第8条第1項第1号)に規定されている不可能地域≫
  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域
  • 第一種中高層住居専用地域
  • 第二種中高層住居専用地域
  • 第一種住居地域(例外あり)
  • 第二種住居地域(例外あり)
  • 準住居地域(例外あり)


  • <風俗営業の可能地域>
    都市計画法(第8条第1項第1号)に規定されている地域では、風俗営業を行うことができます。
  • 商業地域
  • 近隣商業地域
  • 準工業地域
  • 工業地域
  • 工業専用地域
  • その他、用途が指定されていない地域

  • ※但し、「保護対象地域」(「学校」「福祉施設」「病院」「診療所」)の敷地から100m離れていること。
    但し「商業地域」の場合は50m離れていること。

    <風俗営業と深夜酒類提供飲食店営業>
    酒類や料理を提供する場合は、「飲食店」に該当するため「飲食店営業許可」が必要となります。
    「飲食店営業許可」取得後、営業の形態により、「風俗営業」に該当する場合は、
    「風俗営業許可」が必要となり、午前0時までしか営業できません。
    「風俗営業」に該当しない「飲食店」で午前0時以降も営業する場合は、
    「深夜酒類提供飲食店営業」の届出をすることにより、営業が可能となります。
    「風俗営業」の場合は、接待を伴うため、「飲食店」の取扱いとは異なり、
    「深夜酒類提供飲食店営業」の届出併用することはできないとされています。