許認可申請について

事業を始めるとき業種によっては、許可や認可等を受けなければならない場合があります。

また、建設業においては、工事の規模等により許可申請が必要になります。
許可・認可等を受けるためには、多くの資料を作成したり、
行政官庁に手続きに行ったりと、非常に時間と手間がかかってしまい、
本業に力を注ぐことができなくなってしまうという問題が発生します。

<具体的に許認可が必要な代表的な業種>

建設業、宅地建物取引業、不動産鑑定業、風俗営業、飲食店営業、運送業、介護事業等