就業規則

就業規則の作成・運用のお悩みについて

「就業規則およびその他人事諸規程」は、
会社の憲法と呼ばれるくらい、会社にとっても社員にとってみても重要な役割を果たしています。

単なる規定としての役割ではなく、その企業の想い、経営者の想いを反映し、
企業理念・経営理念の実現させるためのルールブックの役割を果たし、企業の道しるべとなります。

また、企業内で発生する労務問題の多くは、
「就業規則およびその他人事諸規程」の整備が不足していたために発生してしまっているのです。

しかし、「就業規則およびその他人事諸規程」を取り巻く「人事・労務」関連の法令は非常に多く、
改正も頻繁に行われており、常に最新の法令に遵守したものを維持し続けることは容易ではありません。
法令に遵守していない場合は、罰則を受けてしまうこともあります

そのリスクを回避するためだけに、
経営者や人事担当者が「就業規則およびその他人事諸規程」の整備だけに注力することは、
企業の発展を考えた場合、得策ではありません。

「就業規則およびその他人事諸規程」の整備については、専門家に依頼し、
常に法令を遵守したものを整備することにより、労務問題等の発生を未然に防ぐことをお勧めします。