人事・労務問題

人事・労務問題のお悩みについて

世界経済や企業を取り巻く環境が著しく変化していく中、
「人事・労務」を取り巻く環境も法令改正等が常に行われ、めまぐるしく変化をしています。

「人事・労務」を取り巻く環境の著しい変化は、
多岐にわたる労働問題への対応や法令遵守への対応、監督官庁の調査対応等、
経営者および人事担当者を悩ませる原因となっているものと思います。

「人事・労務」を取り巻く環境は、内部監査体制の強化、法令遵守の強化等で
今後ますます経営が関与する比重が高くなる分野になっていくことが予想されます。

<人事・労務問題の具体的例>
労使間におけるトラブル 残業代の不払い問題(サービス残業問題)
不当解雇要求
勤務状況不良社員問題
法改正対応 人事・労務関連法令改正の遵守
就業規則等の整備・見直し 人事・労務関連法令改正の遵守
適切な社内ルールの整備
労使協定等の整備
関係行政官庁調査対応 労働基準監督署調査対応
社会保険事務所調査対応
ハローワーク調査対応
人件費削減対応 人事・労務業務のフロー見直し
労働時間管理体制の見直し(変形労働時間制の導入など)
助成金の利用 雇用調整助成金申請

上記のような諸問題が経営者および人事担当者の負担とならないためにも、
これからは「人事・労務」専門家の顧問が必要と考えます。